読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

認知症 あるいは 記憶の筐底を探して

日曜の昼下がり

TVから覚えのあるピアノ曲が流れてきたので見ると 陶芸の町:益子から NHKBS「イッピン」の再放送です。

ピアニストの手元を陶板スクリーンに拡大して映し出すというリポートで、それはちょっと聞いても印象的な ヒナステラ:アルゼンチン舞曲でした。

ヒナステラと同じアルゼンチン出身 若きアルゲリッチによるものか?)

この曲は鈴木弘尚さんの演奏会で何度も聴いており、CDでも聴いている馴染みの曲 

しかし最近、ある方とのやり取りで偶然気が付いたことで、若い頃に行った演奏会の音の記憶が全く失せていて思い出せない…ということがありました。演奏会の場所やシート、着ていた服はなぜかよく覚えているのに(汗笑。

 それというのも、2年前に認知症の兆しが現れ、現在は施設入居となった母の、記憶の摩訶不思議をさいきん切実に感じるようになったからです。

 

一口に認知症といっても症例はさまざまで およそ以下のように分類されます。

アルツハイマー T叔母の場合 5分前にしたことを忘れる 今朝、何を食べたか思い出せない…ではなく 食べた事も忘れる 短期記憶の喪失(約50%)

         (短期記憶と長期記憶 http://spiritual-success.com/post-10565

レビー小体型 K叔母 パーキンソン症状と幻視により症状変動が大きく、徘徊症状もある(約15%)

前頭側頭型 母のタイプ 社会性を失いわが道をゆく行動 固執や拒絶が激しい

脳血管性型 脳梗塞脳出血・脳動脈硬化に起因する意欲低下や行動障害(約15%) 

他にもありますが、3人の共通点は、みな古い記憶は事細かに覚えており、私が子ども時分の話などは、しっかりした口調で懐かしそうに話します。

 

因みに、アルツ型でない母は、昨年の長谷川式MCIテストで高得点(25点非認知症)を出し、現在も短期記憶はありますから、心当たりのある方は、長谷川式を過信せず、専門医を受診することをオススメします。症状を遅らせる処方箋が開発されています。

叔母や母たちはみな老齢による認知症(海馬の脳障害)で、日常生活に支障をきたすレベルまで進み介護認定を得ていますが、このDNAを受け継ぐ身の上としては、物忘れといえど引っかかりがありました。

 

つまり…アルゼンチン舞曲は、私の海馬には長期記憶として在り、30年前の音楽会の音は短期記憶として消失して、その映像のみが長期記憶として残っている ということになります。音楽会は、朝比奈マーラーの暗く長いシンフォ(1番5番以外は確か)で、頂いたチケットS席にもかかわらずお尻が痛くて早く終わらないかと祈っていた…(汗笑。同行者は、下の日記のメゾチントの作者ですから月日は百代の過客であります。

次の母の面会には 楽しい記憶がよみがえる何か を、探して持ってゆきましょう。