読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

羽 繕

真夏日の日差しに 色濃く茂った葉叢の中を

巣立ったばかりの雛鳥たちが 

慣れない飛翔で 声高らかに鳴く姿を見かけます

 羽 繕の画像

うんがぁ~のハシブト・ムクドリヒヨドリシジュウカラ・スズメ

時折オナガの幼鳥も混じり 子どもの声はどこか特徴的で 

いち早く危険を察知した親が 遠からず寄り添いながら見守る姿がいじらしい

 

さて

5月は恒例のごとく慌ただしく過ぎ 水無月朔日となりました

 

相も変わらず アウフヘーベン無きTELをよこす姉は 間もなく還暦

婚姻35年に渡り 年に3度はリコンリコン「今度こそ本当にリコンだから…」と毎度の科白

お馴染みの慣例で4・5日経てば何も無かったようにケロリの日常と決まってますから

またか、、、と 心配するのも馬鹿馬鹿しく そうとなれば こちらはまともに請け合うのを辞め 

法的事務手続き 金銭分割の具体例 転居一切など 聞きかじりの対処の詳細を話し

ネット検索でもかければ 情報はゴッソリ出てくること間違いなし と オススメ 

現実の面倒を知り驚いたのか?(この人は面倒が大嫌い)急におとなしくなってTELが途絶え、、、の繰り返し やれやれ

 

この手の話は 第3者としては 夫婦片方に偏向するきらいが客観性を見失う鍵になるので要注意です

父の病臥から葬儀 その後のもろもろの手続きで ここ3年ほど義兄と話す機会が増え

彼は姉が言うほどの悪人ではなく どちらかと言えば口下手の小心者 家で飲酒後に 姉への放言暴言は確かにあるようで

 酒癖が悪い というのが 甥・姪 2人の子どもの共通評価 

放言に取り合わなければ離婚騒ぎもスル~出来るという 成人し社会に出た子どもたちが言うのですから信じてもよいでしょう

義兄は 老父母たちの医療費控除のエクセル表も毎年キッチリ作成(専業主婦の姉は一度もやったことが無い)

手先が器用で日用品のDIYはプロ並み 裁縫も得意で ボタン着けは父ばかり、、と姪の言(笑

彼女は父親と仲良しで 子どもの頃からこの春まで 2人で泊まりがけの旅行を何度もしているといいますから

義兄が 姉が言うほどの悪人でないのは確かです、、、この夫婦は 性格の不一致 という言い方が妥当でしょうか?

要するに姉側にも被害者意識の強い直情感情表出の問題があるのは否めない(子ども2人の言)

 

で 今春の離婚騒動はいつになく長引き あれ?還暦の本気モード?と わたしもひるみましたが この騒ぎはまた 小説よりも奇なる現実がやってきたことで落ち着くことに

 

幸不幸はあざなえる縄のごと 

満24歳の姪に 重篤な病が見つかり 急遽今月手術が決まりました

一人で行った大学病院の検査後に 告知を独りで聞いたといいます

帰りに立ち寄った実家で 母(彼女の祖母)に 心配をかけないよう気遣いながら報告したらしく

母は 「N子(姉)より あの子(姪)のほうが大人だね、、」と ぼそり

 同居はせずとも祖父母に可愛がられて育った姪は たぶん わたしたち実の娘2人よりも祖父母を深く想い

今も ことある毎に実家に立ち寄り 独り暮らしの母の様子をみてくれます 

父(彼女の祖父)の最期の40日間の泊まり込み異常看護でも

時間に余裕のあった若い彼女が率先し宿泊してくれました

危篤時も 家族の到着が間に合わず 居合わせた彼女がひとりで看取ったかたちになりました

 

八百万のかみさまたちは どんな采配で ことを決められるのか?

姉夫婦の鞘が 姪の病がきっかけで納められても 彼女の病自体が治らねば 何も始まらない、、

実家の家系には稀な 明るく元気でフットワークの好い姪の試練に

わたしに 何ができるのか?

手術まで 検査が続き 体力も消耗することでしょう

好きなお菓子でも贈りましょう

空に向かって 手術の成功を祈る日々です。

 羽 繕の画像

画像上 Molly Drake Nick Drakeの母 古風なメロディが心地好い