読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

驟 雨

先日の三鷹・調布の一部地域の雹騒ぎの折は

こちらからも 不気味に漂う南西の真っ黒な雲が見えて

まさかあんなことになっているとは と 後ほど仰天した次第

梅雨明けが待ち遠しいこの頃 明ける前には またの豪雨もありやなしや

東京の田舎者は

生来の出不精に加え肩腰痛で あまり都心部には出向かなくなっておりましたが、、

今年は春から  バルテュス展  ジャック・カロ展 と

少し気になる展覧会があり

よっこらしょ と出かけてみると やはり にわかに黒雲現れ ゴロピカ ザザ~っと地面を叩き付ける雨

がしかし 短時間のゲリラ豪雨

茶でも飲みつつ 雨宿りしていればなんとかやり過ごせるものです

さて

上野公園噴水広場、、 噴水は何処へ行ったの?

噴水広場の西洋美術館側には 「上野の森PARK SIDE CAFE」

都美館&動物園側には スタバ上野恩賜公園店が緑の森を背景に 2012年春に開業していたとは、、、

付近に居住していたブルーテントの方々は何処へ?テント村は一掃され 明るくこ奇麗なカフェが出現、、、

この辺りでの食事やお茶と言えば、駅・文化会館・美術館・博物館内 もしくは 上野精養軒や広小路方面まで歩かねばならなかったものが 開放的な広場と緑地を眺めながらひと息つける場所ができたのは ありがたいといえばありがたい

と、言いつつ行列の店内を横目で見て雨が止むまで居たのは都美館のIVORY Restaurant

奥まった場所に在るせいか、ゆったりした店内で静かで心地よくここは穴場かもしれませんよ

バルテュス展は、これまでに見たことのない MITSOU という幼年期のコマ劇画のようなものや

当人は謎多き気難し屋と言われながら 篠山紀信撮影写真や日本人俳優との交流などがあり 意外でした

ジャック・カロは、ルーペ必須 

2006年 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展 以来 積年の興味はそそられるも 

緻密過ぎる技術に相変わらず脱帽  視力の衰えを思い知ったのでした(汗)。

画像上・中 ジャック・カロ  部分

画像下 バルテュス ミツ MITSOUより

 

驟 雨の画像

驟 雨の画像

驟 雨の画像