読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

甜 瓜

梅雨明けが早かったおかげで長い夏です

ニイニイ蝉の通奏鳴音も聞こえるようになり

これからが夏本番

朝は

7年近く続いた、息子のおべんと作りからようやく卒業

揚げ物で 台所が熱帯になることもなくなり

洗い物も格段に減って 慌ただしい朝食から解放されました

なんとか系列大学に進学できた息子は

ブラバン先輩:オーケストラや応援団吹奏楽部の勧誘を尻目にロック研究会に入部して相変わらずギターばかり弾いています

新しい友人は、福岡・長崎・秋田・茨城と、地方から上京した学生も多く

大学近くに独り暮らしをする友人宅に集っては、一体何をしているのか、、

流し台には、黴の生えた置き去りの食器やごみ、部屋は目に見える埃が積もっているそうです

男の子といういきものは不可思議で、何が因にてともだちになるのやら

思えば、私もこの年頃で親元を離れて上京しました

引越しの荷物を業者が車に積み込んだ後、母はたぶん台所あたりで泣いていたのでしょう

別の車で出てゆく私の見送りには出て来ず、玄関先で父と祖母に見送られました

別居が即、巣立ちとは思えませんが

親元を離れる事で学ぶ事や気づく事が多いのは確かなこと

子どもを子どもとして可愛く身近に感じるのは、最初の3年くらい、、

後は、将来の心配事や病気、遊びも含めて成長や生活の雑事に追われて矢の如く時は過ぎ

正味の子育て期間は十数年で終わりと言えるのでしょうね

経済的な自立はまだまだですが

おべんと作りが終って、子育ても終った感がひとしおです

      *    *    *    *

さて 近頃のプチマイブーム

夕食の食前酒に浮かべる氷を、ロックアイスに変えてみましたところ

これが涼やかで美味しく、とてもなめらかな氷です

以前、近くに氷屋さんがあり、夏になると 氷 の、のぼり旗がはためいていました

氷屋さんが無ければ、コンビニのロックアイスでも良く

自宅冷凍室の白濁した美味しくない氷とは段違いです

お酒好きの方なら とうにやっていらっしゃる方も多いと聞きますが

お酒だけでなく、冷たい飲み物が更に透明で涼やかに見え

グラスのうつくしさも映えてとても気持ちのよいものです

まっ わが家の冷蔵庫が二十歳を迎え

家庭では、白濁した氷ばかりを眺めていたせいもあるかもしれません。

画像下は 埼玉県立美術館蔵 土田麦僊 『甜瓜図』 部分より

まくわうりず とも読むようです

甜 瓜の画像

甜 瓜の画像

甜 瓜の画像