読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

湖 畔

アントニー・レーモンド設計による イタリア大使館別荘記念公園

http://nikkotoday.com/news/... (←蝶の師匠のHPより)

自然観察会も含め 度々訪れている場所

ノリウツギ・イワガラミ・カンボクの花が咲いて

この日も キバシリ や ゴジュウカラ が つつつ と高木を昇り降りしていました。

プライベート船着場を眺められる湖畔のベンチで読書をされているご夫婦がありましたが

気温22℃ 湖畔の心地よい風がとても爽やかでした。

ハイキングコースは、ここから湖を北西に攻めて、4~5時間で1/4周できるコースがあります。

千手ガ浜まで行けば、 赤沼茶屋~小田代ヶ原~西の湖~千手ガ浜 が終点のハイブリッドバスにも乗れます。

トイレや水場はありませんが、ブナ・カエデ・ハルニレ・カラマツ林 水辺と樹木のうつくしい風景が堪能でき

運が良ければ野鳥や動物たち(時として熊)にも出逢えます(笑)。

近隣には 英大使館別荘 フランス大使館別荘 が立ち並び

そのひとつを借り切ってロケをしたという 

八千草薫 杉浦直樹 真矢みき 主演の老いをテーマにしたドラマが何年か前にNHKで放映されました。

日光野鳥研究会 鳥の師匠がドラマの野鳥監修をされたので、印象に残っています。

季節を違えて行くと また趣の違いがわかりますが

あと1ヶ月半 10月も半ば過ぎとなると、ここは とんでも な紅葉渋滞に突入

早朝に出発して午前中には山を降りるつもりの計画を立てないと

まともに帰ってこられない という話のとおり

以前、金に黄葉するカラマツ林を観るために早朝に出発したことがありました。

龍頭の瀧上で日の出を迎え、昼には下山、いろは坂登りは予想通りに大渋滞でした。

秋の紅葉は、北海道と同様にやってくる日光ですが

紅葉渋滞情報には注意して計画をたてられるとよいです。

湖 畔の画像

湖 畔の画像

湖 畔の画像