読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの日録

関心空間(2016.10.31閉鎖)から移行 日記とキーワードが混在しています 移ろう日々のことなどを記します

摘 草

.

ほころびはじめた蝋梅の移り香たなびく辻を曲がり

自転車を疾走させても寒さはなく

むしろ心地よく感じられるあたたかな陽差し

レオス・カラックスの映像に必ず見られる疾走シーンが

明らかに 鼓動を刻み呼吸をする身体 への 確認作業であることを想い

坂道でペダルを踏み込みながらほくそえむ 

いつも人だかりのする八百屋の店先には 春野菜

  菜の花 根ミツバ キャベツ さやえんどう

  わけぎ ねぎ 新じゃがいも サラダオニオン 

みずみずしい緑の葉物に 先取りの春 をもらう

春野菜たっぷりのスープでも作ろうか

白和え ぬた も いいだろう

大好きな柑橘 いよかん もお目見えし 

朝の食卓に橙色の香りが食欲をそそる

花屋の店先には

ヒアシンス・アネモネ・チューリップ・スイトピー・ストック

透明な香りが色とりどりの鉢植えや切花を包んでいた

     寒 は これからくるのだろうか、、、

       * * * *

◎知人の中でも美文家の 青井黄椅子氏 が12月末発売の新年号より

月刊俳句界カラー頁に連載開始(画像はなぜか旧号)

中学生の頃より撮り始めたという写真も素晴らしく今後の展開が愉しみ。

◎同じく美文家と言えば 石川貴一氏 もその世界では負けず劣らず

氏が10年以上続けていらっしゃる個人文藝誌『薔薇窗』は

榊山保(三島由紀夫)碧川潭(中井英夫)菱川紳(塚本邦雄)が執筆したことでも有名な小誌「アドニス」の詳細資料も連載発表される驚くべき内容の個人誌で、これがリニュアルとのことでたいへん愉しみにしています。

摘 草の画像